CHAPTER 16「スコッチシダ」

変化のない見慣れた部屋で過ごす日々を、もの足りないと感じたことはありませんか? 暮らしのシーンを彩ってくれるお気に入りの植物に出合ったら、そんな印象はガラリ、変わるかも。特別なことは必要ありません。毎日ちょっとずつ表情を変えながら成長していくグリーンとともに暮らすヒントをご紹介。もっと快適な毎日を送ってみませんか?

CHAPTER 16「スコッチシダ」

d02_16_img01

科名:シノブ科
原産地: 熱帯アメリカ

鮮やかで細かな可愛い葉を広げる姿が印象的なスコッチシダ。ネフロレピス属(タマシダ属)という種類の植物で、ネフロレピス属の植物は熱帯・亜熱帯地域を中心に約30種存在するといわれています。

スコッチシダは耐陰性があり、弱めの日差しを好む植物なので、室内の明るい場所で管理するとよいですが、日照不足にならないようにご注意を。寒さには弱く、越冬には10°以上を確保できる場所で管理してください。

また、乾燥に弱いので春〜秋の生育期には土の表面が乾ききる前にたっぷりと水を与えます。葉が密に茂ってくると蒸れやすくなるため、風通しのよい場所に置くと安心。秋以降は水やりの頻度を減らして用土を乾かし気味に管理し、乾いたらたっぷり水やりを。空気中の湿度を保つためにこまめに霧吹きで葉を湿らせるとよいでしょう。

グリーンのプロ「TRANSHIP」に学ぶ!
アレンジポイント

「購入するときのポイント」

たくさんある種類のなかから、自分の部屋にぴったりのひと鉢を探すのは
なかなか難しいこと。そこで、新しい植物を購入する際はまず以下の3つを意識してみることをおすすめします。

  • 1.植物をおく場所を考える
  • 2.当りを考える
  • 3.サイズを考える

植物は特性によって育成方法が異なりますので、置き場所を選ぶ必要があります。窓際の明るい場所で育成しようと思っている場合には、日当りを好む植物が適していますし、キッチンや玄関など窓からの光りが入り難い場所で育成することを考えている場合には、耐陰性がある植物が適しています。

また、サイズを事前に把握しておくことも大事。コンパクトなサイズの鉢物でしたら、気軽にさまざまな場所で楽しめますが、ある程度の大きさの鉢物ですと、植物の生長する姿を想像してスペースを確保しておくのがおすすめです。

TRANSHIP

エントランスから足を踏み入れると、大小さまざまなグリーンがヨーロッパのアンティークインテリアや小物に調和するように並ぶ「TRANSHIP」。広い店内には、一人暮らしの部屋に合う小さなエアプランツや、多肉植物、インテリアの一部として存在感を放つ大きめのグリーンまで、サイズや種類が多数そろいます。落ち着いたやさしい空間は、都会の喧騒を忘れ快適にグリーン選びをたのしみたい人に訪れてほしい場所です。

所在地 東京都品川区小山3−11−2 1F
TEL 03-6421-6055
営業時間 11:00〜19:00
定休日 水曜日・年末年始
アクセス 東京メトロ「武蔵小山」駅東口出口より徒歩5分
URL http://www.tranship.jp