ジメジメベタベタに負けない! マイバスタイム★

D01_01_slider

梅雨明け間近、湿度も高くてジメジメ、汗をかいてベタベタする季節になってきましたね。
今回はそんな不快さを気持ちからリセットしてくれるようなバスタイムの楽しみ方などについてお届けします。

★入浴剤

カラスの行水派の私ですが、湯船にはなるべくつかるようにしています。
シャワーだけで済ませてしまうと疲れやむくみが残りがちですもんね。
日中の汗はサラリとシャワーで流して、夜はバスタブへつかるようにしています。
短時間ながらも入浴剤を使って効果的に!

ジョーマローンの香りが気に入った2つとポールシェリーの筋肉疲労用の入浴剤。
混ぜて使うことができるジョーマローン。
効能重視で香りのない入浴剤にミックスして香り付けして入浴しています。

粗塩だけを入れて心と体のリセット! というときもありますし、
香水をシュシュっと吹きかけて良い香りの湯船につかったりすることも。
体にはあまり使わなくなった香水もお風呂だと贅沢に香りが広がって優雅な気分になれますよ!

入浴剤のコーナーだけはバスタブにつかったときに、見えると嬉しくなるように飾っています。

冬場はキャンドルをお風呂に持ち込んだりもしますが、夏場は貝殻を主に置いています。
浴槽のフタの上には貝殻とセットして入浴剤を置いています。

こちらは水素を発生するもので、お湯に入れると8時間は水素風呂を堪能できるというもの。
お肌がツルツルしっとりもっちりとなるので、ここぞ! というときに使用しています。

短いお風呂時間ではありますが、キラキラしたものが見えて、美へのモチベーションがあがるコーナーにしています♥ 

★掃除

バスタブはお湯をはる前に洗うのはもちろんですが、お風呂を出るときには、浴槽内の温度を下げるためにシャワーで水を撒いてスクイーザーでちゃちゃっと鏡や壁の水を切るようにしています。
床も軽くブラッシング。気付いたらブラシと古くなった歯ブラシで磨くようにしています。

主なお掃除アイテムはコチラ。

バスタブクリーナーは毎回違うものにしています。
オーガニック系のものや、海外のものをチョイスすることが多いです。
なんとなくオシャレに見えるもの…理由はそこです(笑)。

スクイーザーは壁や鏡の水切りに、使い終えた歯ブラシは排水溝などの細かな部分の磨きに。
青いブラシは頑固な汚れに。茶色のブラシは床面掃除、白い柄がついたブラシはバスタブに使用。

昨年末には初めて業者さんに頼んでバスタブ裏を洗ってもらったので、2015年はなんとなく気分が良いです。
プロに頼んでお掃除してもらう贅沢は大掃除の頃として、日常の水垢掃除にはこの茂木和哉が最適!私の周りにも愛用者多数です。
友人はこの茂木和哉の洗浄力に感動してシャワーとカランの蛇口部分をゴシゴシしていたら
『シャワー』『カラン』の文字まで消えてしまったそう(笑)。
やりすぎは禁物ですね(笑)。

★お風呂場の収納

お風呂場に置いておかないといけないシャンプーやボディソープ、お掃除グッズの数々は以前から同じスタイルで置いています。

S字フックとワイヤーネットと付属のカゴを使っています。
床や棚部分に置いておくとどうしても水切りしにくいし、お掃除しにくいので、吊るし収納が基本。

この吊るし収納のところにあるアイテムのなかで優秀なアイテムもご紹介。

★愛用品

長年愛用している軽石にかわるペダル。
ネイルサロンで使用しているものを購入してみたところ、自分でもツルツルの足裏になれるので、これだけはかかせません。
1週間ほどの旅行の際には持参するほどのアイテムです。
かかとの角質ケアにお悩みの方にはこれがオススメです!
ただし、角質ケアをした後は保湿をしっかり、お忘れなく!

★ボディクリーム

お風呂上がりにつけるボディクリームはたくさん持っていますが、一番のお気に入りでリピートしているのはクロエのクリームです。

このボディクリームは長年愛用しています。
お洋服の撮影だと衣装に香りが移ってしまうといけないのであまり使いませんが
TVやトークショーなどのときには愛用しています。

バンバン使っていい金額のものではないですが…ここぞというときに使うと
決まって「いい香りだね」と褒めていただけます。
プレゼントにもオススメです!

梅雨時期のジメジメ感は大抵の人が憂鬱な気分に襲われがち。
でも、梅雨だからこその楽しみ方、更に憂鬱にならないようにバスルームを見直してみるのもいいですね!
夏はすぐそこまできています!!!