Vol.7 瓶の中の美しい世界。好みのドライフラワーでハーバリウムを手作り

最近は色鮮やかなものも増えてきたドライフラワー。3年、4年と、年数を重ねないと出ない風合いも魅力で、手入れいらずでそのまま飾れるドライフラワーのアレンジは、贈り物としても人気が高まっています。今回のDIY体験は、オイルの中で反射する光が毎日違う表情を見せてくれるハーバリウム。好みのドライフラワーで手作りするハーバリウムのワークショップを、ドライフラワーを専門に扱う「チバセイサクショ」で体験しました。

STEP1 
材料、工程の説明

A03_10_img01

花材を選んで瓶の中に配置し、オイルを入れて仕上げるハーバリウム。ミルフィーユのようにぎっしり入れたり、透明な空間を生かしたり、好みで仕上がりはさまざまです。花材の中にはオイルに入ると色味が変わるものもあるので、プロに相談しながら進めるのがベター。作りたいイメージを広げたら、さっそく始めましょう!

A03_10_img02

今回の材料と所要時間は以下の通り。
【所要時間:60分程度】
●花材(好みのドライフラワー、プリザーブドフラワー)
●ミネラルオイル
●瓶
●ピンセット
●ハサミ

STEP2
花材のセレクト

A03_10_img03

仕上がりをイメージし、基調の色味を決めて花材を選びます。ボリュームのある枝のような花材を加えておくと、瓶の中で他の花材をうまく固定してくれるので、アレンジが崩れません。

A03_10_img04

今回は、白とブルーを基調にします。瓶の中にどう配置したいかを考えながら、机の上に並べながら選びます。

A03_10_img05

淡いブルーのかすみ草、鮮やかなブルーのポアプランツに加え、白いあじさい、白くてふわふわしたフェザースモーク、白いシルバーデイジーに、鮮やかな黄色のヘリクリサムを差し色に決め、花材のチョイスは完了!

STEP3
下に配置したい花材を入れる

A03_10_img06

まずは、他の花材を引っ掛けて固定してくれるかすみ草などから入れましょう。指で押し込んで入れ、ピンセットで場所を整えます。思い切ってスッと入れるのがポイント。

A03_10_img07

茎が長すぎるとアレンジ感が出ないので、長い茎は適宜カットします。

A03_10_img08

置く場所のバランスを見ながら、花材を足していきます。

A03_10_img09

あじさいは塊のまま入れてもいいし、ひとつずつバラバラにカットして空間に散りばめてもきれいです。花材を配置し終わったら、オイルを入れたときに浮いてこないよう、ふんわりとフタをするようにかすみ草を足します。

STEP4 
オイルを8分目まで入れる

A03_10_img10

花材にオイルを当てながら注ぐと、重さで花材が底の方に下がってしまうので、瓶を斜めにして壁に沿わせるように注ぎます。

A03_10_img11

八分目ぐらいまで入れます。この時、オイルが瓶の外や手に付かないように注意!オイルは水で洗わないと取れないのですが、水が瓶の中に入ると腐敗の原因になってしまいます。

A03_10_img12

オイルに浸ると、ふわふわした白いフェザースモークがこんなに透き通ります。色味が穏やかになったり、逆に鮮やかに発色したりと、花材の変化を楽しめるのも、ハーバリウムならではの魅力です。

STEP5 
残りの花材を入れ、オイルをすべて入れる

A03_10_img13

配置したい場所を考え、茎の長さを調整します。長すぎると引っかかってしまうので、思っているよりも少し短めにカットするのがポイント。

A03_10_img14

花材を掴む時は、ピンセットでしっかり持たないと、オイルに押し戻されてうまく入れられません。思い切ってグッと掴む感覚で。

A03_10_img15

オイルを入れた後の配置は一発勝負!一度入れた花材を取り出すと、他の花材も一緒に出てきてしまい、瓶を汚してしまいます。ピンセットさばきも重要。瓶の外にオイルが垂れないよう、スッと垂直に取り出しましょう。

A03_10_img16

配置した花材が浮いてこないように、かすみ草を足します。いくつか束にして、思い切ってグッと入れましょう。

A03_10_img17

あじさいなどの他の花材を配置し終わったら、最後に上の方でポイントにしたい黄色のヘリクリサムを入れます。

A03_10_img18

すべての花材を入れ終わったら、オイルを全部入れます。オイルを2回に分けて入れるのは、アレンジをイメージどおり、より美しく仕上げるため。オイルを入れると花材は少し動くので、花材の配置をピンセットで調整しながら、オイルは複数回に分けて足したほうが、きれいに仕上がります。

STEP6 
バランスを整えて完成

A03_10_img19

オイルを全部入れたら、全体のバランスを確認します。位置をピンセットで調整し、足りない部分には、好みの花材を適宜足しましょう。

A03_10_img20

空間が空きすぎていたので、小分けにしたあじさいと、かすみ草を少しずつ足しました。オイルを瓶の外に垂らさないよう、慎重に!

A03_10_img21

オイルが漏れないように、フタをしっかり閉めたら完成です。

まとめ

A03_10_img22

瓶の細い口からピンセットを入れて配置していくのは難しいけれど、出来上がった時の感動はひとしお。オイルに入れたときの花材の色の変化に、新たな魅力を発見しながら完成させていく感覚でした。ワークショップなら、色味の変化を考えてのアドバイスがもらえるので、よりきれいな仕上がりに。また、複数の花材をすべて自分で揃えるのは大変ですが、ワークショップなら揃えてもらえるのもいいですね。
ガラス瓶の中にお花をそっと閉じ込めたハーバリウムは、小さいけれど抜群の存在感。繊細に光を反射し、インテリアのアクセントになってくれます。オイルに浮かぶ小さな世界は、暮らしに癒やしを与えてくれますね。

今回教えてもらったのは……

  • チバセイサクショ
  • 東京都世田谷区池尻2-30-10-1F
  • 営業時間 問い合わせ
  • 定休日 不定休
  • https://chibaseisakusho.jp

A03_10_img23

ドライフラワーを専門に取り揃え、自宅用や贈り物のアレンジメント、ウェディングブーケやヘアドレスのデザインからショップの装飾まで手がけるチバセイサクショ。希望に沿ったスワッグやハーバリウムを作れるプライベートワークショップ(3~6人の場合は1人4000円~、2人の場合は1人6000円~)も人気。人数を揃えたら、希望日の2週間前までにホームページから申し込みを。