おさよさん家の生活感を隠すキッチン収納インテリア

まとめてやると大変な家事も、習慣付けで楽になる!暮らし上手のおさよさんに、楽しく続ける収納のコツを教えてもらいます。穏やかですこやかな毎日を送るための、おさよさん流の”素敵な家事習慣”とは?

著者紹介
おさよさん

暮らし上手の2児の母。「毎日のクセ付けで暮らしは楽しくなる」と、無理なく続ける家事のコツをアップするインスタグラムには、なんと31万人以上のフォロワーが。生活の知恵をまとめた著書『おさよさんの無理なくつづく家事ぐせ』が好評発売中。情報番組『スッキリ』にも定期的に出演。

【ゴミ袋】生活感の出るゴミ袋はスキマに隠して収納

ものは使う場所の近くに収納するのがいちばん。でも、生活感が出てしまうゴミ袋は、見せたくないですよね。だから、ゴミ箱の横の棚にタオルハンガーを取り付け、サイズ別にかけて収納しています。ここにかけておけばわざわざ取りに行く必要もないし、1枚ずつ取り出しやすいんですよ。

【キッチン飾り棚収納】買う時にも意識!色を揃えるのがコツ

油汚れやホコリが気になるキッチンでは、飾り棚にも使うものを置くのが基本。普段遣いの道具も、白と茶色を基調に厳選して揃えています。鍋は白いものを3つだけ。お米もこの鍋で炊くので、炊飯器は起きません。いつもいる場所だからこそ、好きなものだけを飾りながら収納して、気持ちよく過ごしたいですよね。

【食器収納】オープン&仕切り使いで食器もスッキリ収納


カウンター引出しは、重い食器でも収納できるように底板を補強しています。大好きなマグカップは、割れないように仕切り板を入れて重ねて収納。大きな平皿などは、ディッシュスタンドで区切って立てて収納しています。棚右側は引出しを取り外し、オープン収納に。乾燥させておきたい木のお椀や、毎日使うカトラリーを収納しています。

次回は「キッチンシンク下」の収納の知恵をご紹介します。