vol.12 収納計画で実現するエコライフ!

建物を作ることだけが建築家の仕事ではありません。環境に優しく、人々が健康的で安全に暮らせる空間作りも、現代では欠かせないテーマです。そんなエコロジーの観点を持つ建築家は、収納についてどんなアイディアを持っているのでしょうか。

エコロジーモールも運営する建築事務所

一級建築士の柳澤達也さんが勤務するのは、神奈川県藤沢市にあるecomo。事務所の隣にはエコロジーモール「ecomo湘南」があり、地元では有名な人気スポットです。古い倉庫を自然素材でリノベーションした建物には、家作りのショールームをはじめ、有機食材や雑貨を扱うショップ、オーガニックレストラン、ベーカリーなどが併設されています。

C07_12_img01

天然木を使った温かみのあるインテリア。テーブルは打ち合わせスペースになっています。

「もともと当社はリフォーム会社としてスタートしたのですが、代表が病気で体を壊したことがありました。彼はその体験から、体にいい食事、環境について興味を持ち、このようなセレクトショップを有するモールを立ち上げたのです。扱っている商品もオーガニックで、トレーサビリティのしっかりしたものばかり。すべて無添加をコンセプトに、衣食住をトータルでご提案しています」(柳澤さん、以下同)。

自然素材にこだわり、人々の体と地球環境に優しい家作りを提案しているecomoのモール。工夫のあるキッズスペースや、セレクトショップのディスプレイなど、収納のヒントをあちこちで見つけることができました。

C07_12_img02

タイプの異なるディスプレイ式の本棚を並べて、かさばる絵本をすっきり納めています。ブラウンの買い物籠も、子どもたちが片付けに楽しく取り組む工夫です。

C07_12_img03

C07_12_img04

セレクトショップの棚は可動式で、レイアウト変更も自由自在。家庭では間仕切りにもなりそうな棚は、ecomoのオリジナル家具です。

家にあれば、コーナーのデッドスペースに活躍しそうなラックです。丸みのあるデザインで、ディスプレイも映えます。

「自然素材、オーガニックはもちろん、環境に配慮すれば、自然と無駄を省く発想になります。エコロジーについて意識的になると、自然と収納も機能的でシンプルになってくると思います」と柳澤さんは言います。

ヒアリングを重ねて作るオリジナル家具

C07_12_img05

コーナーの窓が印象的。二人暮らしにちょうどいい、コンパクトな一軒家です。

ecomo湘南から、南へ。海を近くに感じる気持ちのいい場所建つ、柳澤さんが手がけた新築の家に案内していただきました。ここは、二人暮らしのご夫婦が暮らす、24坪のコンパクトな住宅。階段を上ると、明るいリビング&ダイニングが広がっていました。

C07_12_img06

浮いているように見えるテレビ台が目を引きます。上部に同じ幅で作った飾り棚も、部屋のアクセント。

足のないテレビ台も、建築工事の一環として作ったオリジナル。掃除のしやすさはもちろん、壁に直接取り付けてあるので、見た目に浮遊感があります。あえて不安定に見せて、建築の面白さを演出しているそうです。
「収納したいものがあらかじめ決まっていれば、建築工事に家具造作を取り入れることができます。クライアントとは、収納計画についてもヒアリングするようにしています」。

生活動線を考えて作ったストックルーム

「ここは、二階が1フロアのリビングということもあって、『スムーズな生活動線』をキーワードに設計しました。スペースを最大限に生かし、収納も使いやすく、かつ、インテリアとしてしっくり溶け込むことを重視しています」。
階段上は、キッチンまで繋がるウォークスルーのストックルームになっています。買い物からの帰宅後の動線を考え、階段を上ったすぐ先に扉が取り付けてあります。

C07_12_img07

ストックルームは、リビングからは見えない配置になっています。天井まであえて壁をつなげないことで、風通しの良さと視覚的な開放感を実現しています。

  • C07_12_img08
  • C07_12_img09

存在感のある冷蔵庫も、ストックルームに置くことができます。

パントリーとしての機能はもちろん、雑貨や、かさばる備蓄品などもまとめて整理ができるストックルーム。

インテリアを兼ねた収納のアイディア例

機能的なウォークスルーストックルームのほかにも、この家には建築的な収納のアイディアがいくつか施されています。
「ecomo で提案するのは、機能とデザインを兼ねた収納です。インテリアとして美しくあることは、モノを整理するモチベーションに繋がります」と柳澤さん。自然素材を生かしたインテリアは、気持ちのいい暮らしを後押ししてくれるようです。

  • C07_12_img10
  • C07_12_img11

自転車も楽々収納できる、広い玄関。壁側は天井まで収納スペースですが、アクセントウォールでインテリアとしての機能も果たしています。

壁にはニッチを備え、ディスプレイコーナーに。目の前の階段は、二階のリビングへと続きます。

C07_12_img12

C07_12_img13

天然木の出窓スペース。人気の多肉植物もミニマルなディスプレイにすることで、すっきりと広く感じられます。

「住宅は、一生ものの買い物。健康的に、長くその家で暮らし続けるためには、今やオーガニックやエコロジーの考え方は欠かせないと考えています。生活動線を重視した、無駄のない収納も、その一環。建築を通して、少しでもヘルシーな生活のお手伝いができたら嬉しいですね」。

「ライフスタイルの変化についても長い目で見ることが大切です」と柳澤さん。将来的なプランについて話し合うことで、前もって収納の整理ができることもある、と教えてくれました。