vol.16 収納上手なメキシコ人建築家が暮らす、日本の家

日本の木工文化を愛する、メキシコ人建築家。そんな珍しい人に会うために、埼玉県久喜市を訪れました。日本家屋をリノベーションした彼の快適な住まいで、収納についてのアイディアを教えてもらいました。

C07_16_img01

憧れていた木の家をフルリノベーション

マルティネス フランシスコ、愛称パコさんは、メキシコ グアダラハラ出身の建築家。現在は埼玉県久喜市に、奥様と小学生の息子さんと3人で暮らしています。奥様とはロンドンで知り合ったといい、結婚後はメキシコで暮らしたこともあったそうですが、おだやかな日本の田舎で、ゆったり子育てがしたいと、今の地に落ち着きました。家具と木工、リノベーションの仕事を中心に、家具作りのワークショップなども展開しています。

「メキシコには、木の家はありません。レンガとコンクリートの家がほとんどです。私は、日本の木の家と、木工の技術を知って、夢中になりました。宮大工による木工技術の専門書は、私の宝物です」(パコさん、以下同)。

そんなパコさんの住まいは、奥様のご実家にほど近い場所で購入した古い日本家屋をフルリノベーション。和風建築の良さをきちんと踏襲しながら、インテリアでメキシコの雰囲気をミックスした、素敵な空間を作り出したのです。

落ち着く和の家。異国のスパイスがところどころ効いた、ここにしかないインテリアです。

落ち着く和の家。異国のスパイスがところどころ効いた、ここにしかないインテリアです。

木工のアトリエは、古い農具庫をきれいにして再利用。古箪笥なども、道具入れとして活用しています。

木工のアトリエは、古い農具庫をきれいにして再利用。古箪笥なども、道具入れとして活用しています。

古くても使えるものは、収納用具に再利用

家具職人でもあるパコさんは、物を再利用する名人です。ダイニングの主役であるキッチン台兼テーブルも、家をリノベーションしたときに床下から出て来た板で作ったもの。そのほか、キッチン周辺には、さまざまなリユース収納がありました。

C07_16_img04

カップスタンドは、農家の方からいただいた野菜入れを直したものだそうです。棚も、床下の廃材を再利用。

この引き出しも、木材の残りで作ったもの。引き手の部分には布巾がかけられるようになっています。

この引き出しも、木材の残りで作ったもの。引き手の部分には布巾がかけられるようになっています。

食器入れとして、古い桐箪笥の着物用引き出しを活用しています。

食器入れとして、古い桐箪笥の着物用引き出しを活用しています。

パソコンケースは、息子けんすけ君が着られなくなったジャージを縫い合わせて作りました。持ち運びはもちろん、使用するときにテーブルの端に垂らして、手首の緩衝剤としても使える便利な一品。思い出と実用を兼ね備えた好例です。

パソコンケースは、息子けんすけ君が着られなくなったジャージを縫い合わせて作りました。持ち運びはもちろん、使用するときにテーブルの端に垂らして、手首の緩衝剤としても使える便利な一品。思い出と実用を兼ね備えた好例です。

本当に必要なもの以外は置かない、がルール

パコさんの収納のルールは、「しまいこまないこと」。最低限のストック以外、必要なものは、なるべく手に届くところに配置するようにしています。

「しまう=いらない、だと思うんですよね。奥の方へしまえばしまうほど、その存在は忘れられる。無いことと同じです。だから、たとえば、子どものおもちゃなんかも、息子がそのおもちゃで遊ばなくなったなと思ったら、箱にしまいます。彼が『あれでまだ遊びたい』と数ヶ月言わなかったら、全部捨てます。記憶の中から消えたら、なくても同じですから。でも、だからこそ、必要なものとそうでないものをはじめから選ぶ必要があります。そして、大切なものはボロボロになるまで使いたいと思います。これは、おもちゃだけでなく、家のなかにあるものすべてにおいて言えることです」。

ふだん遊んでいるものは、ディスプレイ。遊ばないものは、どんどん箱へ移動させて、しばらくしたら、捨てる。けんすけ君も、このルールを知っているからこそ、大切なものはきちんと並べるそうです。

ふだん遊んでいるものは、ディスプレイ。遊ばないものは、どんどん箱へ移動させて、しばらくしたら、捨てる。けんすけ君も、このルールを知っているからこそ、大切なものはきちんと並べるそうです。

食器も、並べられるもの以外は、不要。めったに使わない鍋や、お客様用の食器など、しまいこみがちなものは、全部すててしまったとか。

食器も、並べられるもの以外は、不要。めったに使わない鍋や、お客様用の食器など、しまいこみがちなものは、全部すててしまったとか。

すっきりとした洗面所。「必要なタオルの枚数は知れています。必要な分だけ、置けばいいのです。スペースがあれば、脱衣したものを置くこともできるし、掃除も楽です」とパコさん。

すっきりとした洗面所。「必要なタオルの枚数は知れています。必要な分だけ、置けばいいのです。スペースがあれば、脱衣したものを置くこともできるし、掃除も楽です」とパコさん。

家族との絆を感じるディスプレイ

大切なものは、目に見えるところに置いておきたい、とパコさん。家族の写真や、すぐに手にとってめくりたい本などは、きれいにディスプレイしてあります。
「どうしても捨てられないものは、誰にでもありますよね。こういうものこそ、表に飾る。どんどん活用して、大切にする。そして、受け継いでいく。私はあまりモノに執着のないタイプですが、どうしても捨てられなかったメキシコの家具は、日本に持ってきました。大切に使っています」。

シングルソファの横にある古いメキシコの棚は、曾祖母の家から持ってきた時代物。子どものころ、中に隠れて遊んだと言います。棚の上には、家族の写真を飾っています。

シングルソファの横にある古いメキシコの棚は、曾祖母の家から持ってきた時代物。子どものころ、中に隠れて遊んだと言います。棚の上には、家族の写真を飾っています。

玄関の靴箱の棚には、日本の木工玩具などを飾っています。隣に見える和室は、B&Bの客室として世界中のゲストを受け入れています。

玄関の靴箱の棚には、日本の木工玩具などを飾っています。隣に見える和室は、B&Bの客室として世界中のゲストを受け入れています。

小さな工夫が、大きなゆとりを生む

「私は、日本のホームセンターが大好きです。もちろん、木工に使うものを探しに行くことが多いんですが、ほかにも、関係ないパーツを見ながら、別の用途を考えるのが好きなんです」。日本のホームセンターは、ジャンル別に細かなパーツがきちんと整理されているのが素晴らしい、と興奮気味に話してくれたパコさん。根っからの物作り好きなんですね。

「日本人の生み出す小さな工夫は、素晴らしいと思います。たとえば、ホームセンターでも、100円均一の店でも、何かを見つけて工夫をすれば、その人にとって素晴らしく価値のある収納を作り出すことができますよね。もしも、家に使わない廃材などが残っていたら、ぜひ、アイディアを絞って再利用してみてください。作る過程も楽しめますし、小さな棚ひとつでも、それは家族に喜ばれる大きなゆとりを生み出すはずです!」。

現在は、日本の鉋の技術を習得するために日々勉強中だというパコさん。今後はさらに木工技術を磨いて、世界中の人に日本の家の素晴らしさをアピールしたいと話してくれました。

暖簾をかけるフックは、ホームセンターで見つけた別用途の金具。「折り曲げて、引っ掛けてみたら、ちょうどよかったんです」。

暖簾をかけるフックは、ホームセンターで見つけた別用途の金具。「折り曲げて、引っ掛けてみたら、ちょうどよかったんです」。

  • 昔のまま残した物入れ。食材の備蓄などに使っています。

    昔のまま残した物入れ。食材の備蓄などに使っています。

  • 「なるべく、詰め込まないことが大切」とパコさん。扉の両内側には、コルクボードを取り付け、家族のメモや、けんすけ君が描いた作品などを飾っています。

    「なるべく、詰め込まないことが大切」とパコさん。扉の両内側には、コルクボードを取り付け、家族のメモや、けんすけ君が描いた作品などを飾っています。