Challenge.11 重いものもラクラク移動!プラントトローリー

数多ある話題の収納アイテム。「ネットや雑誌で気になっていたけれど、実際の使い勝手がわからないから購入に踏み切れない…」というお悩みの声に、おウチの収納編集部がお答えします!実際に使用して、ポイントや使い心地をレポートします。

観葉植物を乗せる……だけじゃない!

C09_11_img01

重いもののまわりの掃除が億劫……ということはありませんか?
観葉植物を乗せたプラントトローリーを見た時、重いものの移動に便利なのでは?と閃きました。
本来は植物を乗せる台ですが、おウチの中や外、色々な方法で使ってみました!

雑誌をまとめて移動

C09_11_img02

溜まった雑誌をまとめて持とうとすると、重い上に雑誌同士が滑ってしまい持ちづらいですよね。
その問題、プラントトローリーに乗せておけば解決します!
このようにソファーやベッドなどの下にもラクに収納でき、スペースも有効活用できて一石二鳥。

奥のものが一瞬で取り出せる

C09_11_img03

収納BOXにものを入れてラックの下などにしまうと、せっかく収納したのに奥のものが取りづらい……。
そんなお悩みもプラントトローリーで解消!BOXごと乗せれば引き出し式収納に早変わり。
すぐ引き出せるから、収納するものの幅も広がりそうです。

屋外でも活躍!

C09_11_img04

夏はBBQなど屋外イベントもたくさん!
そんな時にもプラントトローリーが活躍します。
ペットボトルの入ったクーラーボックスを乗せて外に運べば、重たい思いをせずに手軽に冷たい飲み物を楽しめますよ!
頑丈なアイアン製の台だから、水に濡れても大丈夫。

場所をとらない!スキマにも収納可能

C09_11_img05

収納グッズがかさばったり、使うのが億劫になってしまう場所にしまってあると意味がないですよね。
プラントトローリーは、使わない時はお部屋のスキマに立てかけておけるので、とても省スペース。
すぐ取り出せるから使う時もスムーズです。

まとめ

元は観葉植物を乗せて、日光を当てる時や掃除をする時に移動させるためのもの。
本来の用途はもちろん、それだけではもったいないくらい収納にも役に立つことがわかりました。収納のお悩みに合わせていろいろな使い方ができそうです。
ガーデニングの国、オランダのメーカーのものなのでインテリア性もばっちり!
室内でも、屋外でも使い勝手良しの頼れるアイテムでした。

C09_11_img06

  • PRICE:4,300円(税抜)
  • SIZE:W29×D29×H5.7cm(キャスター含む)、約2kg
  • MATERIAL:鉄製