Challenge.12 布団を入れて完成するクッション!?「クッションカバー」

数多ある話題の収納アイテム。「ネットや雑誌で気になっていたけれど、実際の使い勝手がわからないから購入に踏み切れない…」というお悩みの声に、おウチの収納編集部がお答えします!実際に使用して、ポイントや使い心地をレポートします。

これ、
ただのクッションじゃないんです!

C09_12_img01

まだまだ暑い、と思いきや急に寒くなったり、気温が不安定なこの頃。今の時期って掛け布団の扱いに困りませんか?
そんな季節の変わり目のお悩みを解決できそうなグッズを発見!さて、実際の使い心地は?

羽毛布団を丸々1枚収納!

  • C09_12_img02
  • C09_12_img03

このクッション、実は中に掛け布団を収納したものなんです!本来はビーズクッションのカバーですが、このようにシングルサイズの羽毛布団を
丸々1枚入れられる大きめサイズ。ふわっと包み込まれるような抜群の座り心地です。このカバーに布団を入れておけば、普段はクッションとして使い、
寒い夜はすぐに取り出せて一石二鳥!予備の掛け布団を入れておくのも◎。

衣類の収納袋としても

C09_12_img04
C09_12_img05

このように、衣類の収納袋としても使用OK。今の時期はまだ使わないダウンやセーターもこんなにたくさん入るんです!
お部屋に置いても見た目はインテリアクッション。見栄えがいいから、「とりあえず収納」の場所としても良いかもしれません。

丈夫な生地だから、
ご家庭でお洗濯もOK!

C09_12_img06

カバーはオックスという生地で作られています。タテ糸とヨコ糸が2本ずつ編まれているため、「厚みがあり丈夫、かつ通気性も良い」
というのが特徴。これなら中に布団や洋服を入れても安心ですね!さらに、洗濯ネットを使えば洗濯機でも洗えちゃうのもうれしいポイント。

まとめ

収納して座れて、ご家庭で洗濯もできちゃう、こちらのクッションカバー。布団や洋服の収納場所が確保できずお困りの方におすすめです。
また、ひとり暮らしで部屋が狭くてソファーが置けない!という方も、これならコンパクトなのでソファー代わりの寛ぎスペースが作れちゃいます。
カラーは10色展開なので、お部屋のインテリアに合わせて選べます。収納するものが増えたら別カラーを買い足して揃えてみるのもいいかも。
機能性とインテリア性を兼ね備えた、この時期特に役立つ便利アイテムでした!

C09_12_img07

  • PRICE:4,000円(税抜)
  • SIZE:約φ60cm×H30cm
  • MATERIAL:コットン