vol.07 キャベツボックスをDIYしてキッチンの壁面収納に!?《Rumiさん》

インテリアが人気で、多数のフォロアーを持つインスタグラマーの自宅には、工夫を凝らした収納術がたくさん詰まっています。人気インスタグラマー5人に、インテリアのこだわり、そして多彩な収納ポイントをリレー形式で紹介してもらいます!

著者プロフィール

profile_rumi

Rumi

Instagram:rumi0818
思考と空間の整理のプロ「ライフオーガナイザー」として大活躍中のRumiさん。様々なシーンで、暮らしやおうち時間を楽しむための収納アイデアが満載です。100均グッズを使ったナチュラルなカフェ風の収納インテリアも見逃せない!著書『Rumiのおうち時間を楽しむインテリア』も大好評販売中です。

こんにちは!ライフオーガナイザーのRumiです。春の優しい日差しが嬉しい季節になりましたね。暖かくなると心も身体も軽くなってお掃除や整理整頓にも自然と力が入ります。今回はおうちの中で一番長く過ごす場所、キッチンの壁面の収納をご紹介します。

C08_07_img01

キッチン収納はお掃除のしやすさと取り出しやすさを最優先しています。作業台には極力モノを置かずに、作業のしやすさ、片付けやすさも考えています。全体的には海外のカッコイイカフェのような、少し男前なインテリアを目指しています。

C08_07_img02

1番のお気に入りのコーナーがこちら!キッチンの壁面にDIYで作ったキャベツボックスをランダムにビスで固定して棚として使っています。本来なら吊戸棚を設置するであろう場所ですが、「吊戸棚はモノが取り出しにくいし、使用頻度の低いモノを扉付きの棚に入れてしまうと結局使わず、モノが増えてしまうだけかも。」と思い、おうちを建てるときにこの壁面は真っ白な壁だけにしてもらいました。ここに収納している食器はほぼ毎日使うものばかりで、主人にも子どもたちにも手伝いをしてもらいやすいように分かりやすく、取り出しやすく収納しています。

C08_07_img03

こだわりポイント1
≪定数を管理する≫
食器は1種類につき家族の人数分しか持ちません。以前は割れてしまったときのことも考えてプラス1にしていましたが、今はメインの食器は定番商品を選んで、割れてもすぐに買い足せるようにしています。定数管理をするメリットはたくさんありますが、最大のメリットは【常に片付けるクセがつく】ことかなと思います。食事のあと、シンクに置きっぱなしにしていると次の食事のときに盛り付ける食器がないので、必ず毎食後洗って片付ける習慣が身に付きます。

C08_07_img04

こだわりポイント2
≪誰でも分かるように収納する≫
キッチンにはキッチンツールや食材、食器と様々な種類のモノを収納しなくてはいけません。狭い空間にたくさんのモノがあるので、どこに何があるのかできる限り分かりやすくするといいですね。詰め込み過ぎず、余裕を持たせた収納で家族みんなが分かるようにと心掛けると、進んでお手伝いしてくれるようになるかもしれません。1日のうちの長い時間を過ごす場所だからこそ、できる限り快適な空間にしたいですね。

C08_07_img05

次回はキッチンのシンク側の収納についてご紹介します!お楽しみに♪

  • この記事が気に入ったらいいね!

  • おウチの収納.comをフォロー♪