vol.21 洗面所をおしゃれで清潔に整えるテクニックとは!?《Rumiさん》

インテリアが人気で、多数のフォロアーを持つインスタグラマーの自宅には、工夫を凝らした収納術がたくさん詰まっています。人気インスタグラマー5人に、インテリアのこだわり、そして多彩な収納ポイントをリレー形式で紹介してもらいます!

著者プロフィール

profile_rumi

Rumi

Instagram:rumi0818
思考と空間の整理のプロ「ライフオーガナイザー」として大活躍中のRumiさん。様々なシーンで、暮らしやおうち時間を楽しむための収納アイデアが満載です。100均グッズを使ったナチュラルなカフェ風の収納インテリアも見逃せない!著書『Rumiのおうち時間を楽しむインテリア』も大好評販売中です。

こんにちは!ライフオーガナイザーのRumiです。今回は洗面所収納についてお話させていただきます。

C08_21_img01

こちらが我が家の洗面所です。とても狭い空間なので、壁面を使っていろいろと収納しています。家族全員が使う場所であり、また朝などはバタバタと込み合う場所でもあります。全員が使う場所は我が家ではオープン収納を心がけています。見せる収納にして、誰にでもすぐに分かるようにしています。洗面所は元々真っ白な壁に、茶色の洗面台が置いてあるだけでした。今は壁にはタイル調の壁紙を貼って、ナチュラルキッチンのアルファベットで文字を入れ、さらに鏡も木枠を作ってはめています。洗面台には木目調の壁紙を貼り、少し男前に、それでも清潔感のある空間にDIYしました。

C08_21_img02

洗面台の横の壁面にもDIYで作った棚を設置しています。セリアの商品のみで作りました!以前は扉付きの棚を作って使っていましたが、扉があると中がごちゃつくんです。閉めたら見えないし……と気持ちが緩んでしまうんですよね。オープン棚にして、いつでも見られる状態にしておくとキレイに整えようと意識を高く持てます。

C08_21_img03

そのオープン棚には、主人と私の化粧品やコンタクトレンズ、メガネなどを収納しています。化粧品はできる限りモノトーンで揃えてスッキリ見えるように購入時は注意しています。化粧品ってつい必要以上に買ってしまいがちなので、無印良品のアクリルボトルスタンド2段と3段を並べて7割収納を心がけ、モノトーンで揃えることで、無駄買い防止にもなっているような気がします。

C08_21_img04

洗面所の出入り口には「ラブリコ」というDIYパーツを使って、お掃除道具を収納しています。「ラブリコ」を使えば、天井や床を傷つけずに2×4(ツーバイフォー)材を柱として突っ張ることができるんです。2×4材はとても薄いので、出入り口に設置しても邪魔にならず、収納量は抜群なのでオススメのDIYパーツです。

C08_21_img05

「ラブリコ」棚には、洗剤や石鹸、メラミンスポンジなどを全て100円ショップの容器に移し替えて置いています。こうすることで色の氾濫を防げて、インテリアにも統一感が生まれます。オープンな分、埃などのお掃除は少し大変ですが、きれいをキープするには、我が家の場合はオープン収納が合っているように思います。

いかがでしたか?実は今回が最終回!5回に渡っておうちの収納を紹介させていただきました。何か1つでも皆さんのお役に立てたかな……と少し不安もありますが、毎回収納にとことん向き合って原稿をしたためました。
いつもきれいに整っていなくても大丈夫。1つひとつのモノの住所を決めて、本当に必要かどうかを考えながらゆっくりとおうちを整えていけば、きっと理想の暮らしに一歩ずつ近づくはずです。
半年間、ありがとうございました。