vol.24 屋根裏へと続くはしごはなんと!?アイデア収納満載《natumikanさん》

インテリアが人気で、多数のフォロアーを持つインスタグラマーの自宅には、工夫を凝らした収納術がたくさん詰まっています。人気インスタグラマー5人に、インテリアのこだわり、そして多彩な収納ポイントをリレー形式で紹介してもらいます!

著者プロフィール

profile_natumikan

natumikan

Instagram:natumikan_
ログハウスで地産地消の生活を送られているnatumikanさん。
思わずお腹がぐぅ~と鳴ってしまいそうな美味しそうなお料理の投稿がいっぱいです。そのような素敵なログハウスライフに合うナチュラルな素材や見た目の収納アイデア・アレンジは、自然な暮らしのヒントが満載です。

こんにちは、natumikanです。日に日に暑くなってきましたね。我が家では窓を全開にすると風が通り、まだ心地良く過ごせています。

さて今回は、2階と屋根裏部屋についてご紹介したいと思います。
2階は階段上がってすぐに、第2のリビングがあります。

C08_24_img01

このソファでくつろぎながら雑誌を読むのが私の至福の時。また隣が子ども部屋、前回紹介した主人の作業スペースである物置部屋があるので、家族を感じながら過ごすことができます。

C08_24_img02

雑誌などをディスプレイしている棚は、実は屋根裏部屋のはしご!ただし、はしごを屋根裏部屋へかけたままにすると子ども部屋の出入りの邪魔になってしまうので、はしごをかけるのは屋根裏部屋をよく使う主人がお休みの日だけ。普段はこうして壁に横にした状態で収納しています。

C08_24_img03

はしごを登ると屋根裏部屋へと繋がります。
こちらはDIYした本棚。物置部屋同様に、高さを調節のできるレールと棚受けで本棚コーナーを作っています。折れ屋根で、部屋の壁面に傾斜があるため、立てて収納ができるのがコミックサイズだけ。コミックを読むのは主人だけなので、主人のコレクションがまだまだ収納できそうです。

C08_24_img04

本棚横のりんご箱には、寝袋がぴったり収まっています。夏にキャンプごっこと称してここで寝るのも最高に楽しいです。
季節ものや使用頻度の少ないものをしまうために屋根裏部屋を作りましたが、はしごを登って荷物の上げ下ろしは大変!なのでものはあまり置かず、子ども達が秘密基地ごっこもできる、ひろーい空間にしています。

C08_24_img05

ずっと夢だったログハウス住まい。少しずつ、自分達の趣味に合う収納を作っています。見せる収納をしたい所は棚をDIYして作り、見えない場所は、無印良品や100均のBOXケースで用途ごとに分類し、使いやすいように。日々家族の成長に合った収納に変えていっています。仕事、学校から帰ってきたくなるような家族それぞれの場所を作り、お互い居心地のいい場所、空間をこれからも作り続けていきたいと思います。
最後までありがとうございました。