vol.40 省スペースで見やすい、ひとり暮らしクローゼット収納《ななはちさん》

インテリアが人気で、多数のフォロワーを持つインスタグラマーの自宅には、工夫を凝らした収納術がたくさん詰まっています。人気インスタグラマー5人が、インテリアのこだわり、そして多彩な収納ポイントをリレー形式でご紹介。第1シリーズご好評につき、新たなインスタグラマーで第2シーズンがスタート!

著者プロフィール

profile_nanahachi

ななはち

Instagram:_____7.8_____
7.8畳の賃貸アパートでひとり暮らしをされている、社会人2年目のななはちさん。ご出張も多い中、お部屋で過ごす時間を大切にされています。様々な制限がある中でたどり着いた、手間とお金をかけない「ひと工夫の積み重ね」の収納術に注目です!

こんにちは、ななはちです!
今回はクローゼットと洋服の収納方法についてご紹介します。

C08_40_img01

以前Instagramで更新した写真ですが、わが家のクローゼットは奥行きは広めですが、幅はとても狭いんです。
アウター類は備え付けのバー、こまごましたものはニトリの吊り収納4段タイプ(写真右)にそれぞれ収納。
吊り収納には、下着や靴下、帽子、小さなバッグなどを入れています。

C08_40_img02

下の段には、ニトリの2段メタルラックを使い、上段にトップス、下段にボトムスを畳んで収納しています。
メタルラックの後ろには、大きなスーツケースを収納。
前に住んでいた部屋は湿気がひどく、クローゼットの中に引き出し収納を入れたところ、大変な目に遭いました……。その経験を踏まえて、今の部屋ではメタルラックを活用。
トップスは向かって左側が柄もの、右側は無地や合わせやすいアイテムを。ボトムスは向かって左側がデニム、右側がそれ以外と分けています。
メタルラックは通気性が良い上、1日の洋服を考えるときに、組み合わせを考えやすくなります。
また、ラックを見れば一目で「デニムが多いな」「柄物が足りないかな」と分かるので、洋服を購入する際にも便利なんです!

C08_40_img03

こちらはバックパックの収納です。
バックパックの収納方法は人それぞれだと思いますが、私はメタルラックに100円ショップのステンレスピンチをつけて、そこに掛ける方法。奥行きのあるクローゼットなので、扉はきちんと閉まります。

C08_40_img04

バックパック左に見えるのは、190円だった無印良品のA4無地トート。集めているブローチやヘアアクセサリーをつけています。
この収納方法は好きなモデルさんがやっていたので真似したのですが、簡単に安くできるのでおすすめ!
しかも、ごちゃごちゃすることがないのでパッと目当てのものが見つかります。
バッグの中にはタイツやストッキングを収納して、ムダなくスペースを使用しています。

C08_40_img05

最後はここ、ベッド下の収納。
クローゼットだけではしまいきれないほど服があるので、入らなかった分はここにしまっています。
こちらのボックスは1個600円程度のニトリの蓋つきのもの。
季節が外れてしまったものや使用頻度の低いものは、クローゼットになくて良いのでベッド下をうまく活用しています。

いかがでしたでしょうか。
今回は小さなクローゼットをフル活用するための実用的なポイントを詰め込んでみました。
大事な服やものをきれいに保つためには、収納グッズを揃える際の条件として通気性の良さは必須!
加えて、一目で手持ちの服を把握できるような収納ができたらより良いですよね。
ただしまうのではなく、見栄えの面でも実用の面でも「見せる収納」も組み合わせるのが私流。
ひとり暮らしで「クローゼットが小さい!」とお悩みの方はいらっしゃると思いますので、少しでも参考になればと思います。

次回はInstagramであまり登場しないキッチンです。
お楽しみに!