vol.49 思い切った断捨離と改造で、理想のクローゼットへ《keikoさん》

インテリアが人気で、多数のフォロワーを持つインスタグラマーの自宅には、工夫を凝らした収納術がたくさん詰まっています。人気インスタグラマー5人が、インテリアのこだわり、そして多彩な収納ポイントをリレー形式でご紹介。第1シリーズご好評につき、新たなインスタグラマーで第2シーズンがスタート!

著者プロフィール

profile_keiko_sato

keiko

Instagram:asasa0509
制限の多い建売住宅をDIYしながら、ご主人と、ミニチュアダックス・アクアちゃんと暮らしているkeikoさん。
植物と見せる収納をインテリアにうまく取り入れたおうちは、テレビや雑誌でも取り上げられるほど!
アクアちゃんのペットグッズ収納術にも注目です。

こんにちは!keikoです。
最終回の今回はウォークインクローゼットについてのお話です。

C08_49_01

わが家は洋服、服飾小物、布団、雑貨、本・マンガなど、あらゆるものをこちらのクローゼットに収納しています。
スペースは4畳と恵まれていますが、広いからこそ油断するとすぐものが増えてしまうんですよね。

C08_49_02

ちなみに以前はこんな感じでした。
いやー、なかなかひどいですよね(笑)。
とにかくもので溢れていたため、まずは本当に必要なものかを見極めるところからスタート。

C08_49_03

わが家はお泊まりの来客がほとんどないので、もう何年も使っていなかった雪崩寸前のお客様用布団は思い切って処分し、必要なときはレンタルサービスを利用することにしました。
残りの布団は圧縮袋や収納ケースを駆使してなるべくコンパクトに。
最上段は突っ張り棒2本で収納スペースを増やしています。

C08_49_04

布団がなくなったスペースには、新たにすのこを使って収納棚を作りました。
板は載せているだけなので、組み立ても解体も簡単にできます!

  • C08_49_05
  • C08_49_06

すのこの棚に並べたのは浅めのワイン箱。
洋服や小物類が一目でどこに何があるのか見渡せるので、朝の支度が以前よりスムーズになりました!
一番下のデッドスペースは本棚として有効活用しています。

C08_49_07

天井近くの最上段に並べた100均のボックスには、使用頻度の低い季節物や雑貨をしまっています。
箱の前面に塗っているのは黒板塗料。何が入っているかを大きく書けて便利です。
黒板だから、修正もラクラク♪

C08_49_08

プチ改造をして嬉しかったのは、今まで布団が押し込まれていただけのスペースにアイロン掛けなどができる作業スペースが生まれたこと。
アイロンや台を出しっぱなしにできるので、以前よりこまめにアイロン掛けができるようになりました♪

ものを減らすのは勇気がいるけれど、限りあるスペースは有効活用しないともったいない!
毎日の生活をより快適にするために、時には思い切った断捨離もありだなぁ、と実感したプチ改造でした。

さて、早いもので今日が連載の最終回です。
この連載を通じて、私自身収納と向き合う機会ができ、読者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
そしてこれを読んでいただいた皆様に、私の連載から何かひとつでも収納のヒントを見つけてもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。
最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!