vol.62 持ちものを厳選して叶えた、6畳でも広々スッキリリビング《saoさん》

インテリアが人気で、多数のフォロワーを持つインスタグラマーの自宅には、工夫を凝らした収納術がたくさん詰まっています。人気インスタグラマー5人が、インテリアのこだわり、そして多彩な収納ポイントをリレー形式でご紹介。第1、第2シリーズご好評につき、新たなインスタグラマーで第3シーズンがスタート!

著者プロフィール

profile_sao

sao

Instagram:saori.612
2DKの賃貸住宅で2人暮らしを楽しむsaoさん。すっきりとしたミニマムかつシンプルな整理整頓術が人気で、インスタグラムでのフォロワーはなんと1.6万人を超える人気。少ないもので豊かに暮らす術を紹介してもらいます。

こんにちは。saoです!
今回はリビングの収納についてご紹介します。

C08_62_img01

わが家の間取りは2DK。広さ6畳の洋室を普段リビングとして使用しています。
スッキリ見えのポイントは、「床にものは置かないこと」。これを徹底することで、部屋も広くみえ、掃除も楽になります。

C08_62_img02

リビングで活躍しているのが「無印良品」のスタッキングシェルフ。使用頻度の高い小物を収納しています。

C08_62_img03

シェルフ左上の4段の引き出しには文房具、アクセサリー、常備薬、収納グッズを収納しています。

C08_62_img04

右下の2段の引き出しにはボックスティッシュのストックとマスクを収納しています。

このように、引き出しの中は中身の見えない収納ケースに入れたりはせず、すべてワンアクションで取り出せて、何がどこにあるか一目で分かるようにしています。
引き出しの中は1つ1つのアイテムを仕切りで仕切っているので戻す場所が分かりやすく、自分以外の人が使っても散らかる心配がありません。

C08_62_img05

シェルフのオープン書類ケースは、レターボックスとして領収書や結婚式の招待状、提出期限のある書類など後で読み返すものの一時置きとして使用しています。
下段のかごは雑誌入れです。

C08_62_img06

リビング向かって左奥のパソコンデスクは彼が使用しているもの。
引き出しには趣味のものや身だしなみアイテムを収納しています。こちらも、ものの場所が一目瞭然になるように仕切りを使用し、定位置を決めています。

C08_62_img07
C08_62_img08
C08_62_img09

リビングの一角においているカゴバッグには、スキンケアとメイク道具を収納しています。

独立洗面台がないため、メイクとスキンケアはリビングで。
アイテムはかごにまとめて収納し、すぐに手の届く場所に置いています。よく使用するハサミやハンドクリームなども一緒に入れておくと、さっと取り出せてわざわざ取りに行かずに済むので楽ちんです。
かごは出しっ放しでも生活感がないので、わが家で大活躍しています。

C08_62_img10

ティッシュやゴミ箱は掃除をしやすくするため床には置きません。ティッシュは机の横にフックで吊るして、机の上には小さなゴミ箱を1つだけ置いています。床にものを置かないようにするだけで6畳の狭い部屋も広くのびのびと使えるんです。

リビング収納、いかがでしたでしょうか。
最後に最も大切にしているポイントを。備え付けの収納が少ないわが家は、「持ちものを厳選」することがマスト。ものを持ちすぎない暮らしは不便なように思われがちですが、本当に必要なものだけを厳選して持つことで狭い部屋でもすっきりとした空間に生まれ変わります。

次回はバスルームとランドリー、トイレの収納をご紹介します。
お楽しみに!