vol.63 家族の成長に合わせて考える、収納雑貨《sippoさん》

インテリアが人気で、多数のフォロワーを持つインスタグラマーの自宅には、工夫を凝らした収納術がたくさん詰まっています。人気インスタグラマー5人が、インテリアのこだわり、そして多彩な収納ポイントをリレー形式でご紹介。第1、第2シリーズご好評につき、新たなインスタグラマーで第3シーズンがスタート!

著者プロフィール

profile_sippo

sippo

Instagram:siippo
ログハウスの一軒家にご家族で暮らすsippoさん。暖炉のある広々としたビリングはオープン収納が中心な中、統一された雑貨や道具で統一感のあるインテリアを実現されています。どこを切りとっても絵になるナチュラルな暮らしぶりも必見です。

こんにちは♪ sippoです(^^)
おウチの収納、第3回目はリビングの収納を紹介します。
わが家のリビングの収納スペースは、主にこちら。

C08_63_img01

『無印良品』の収納ボックスが、ずらり。

C08_63_img02

中身は、子どものおしりふきや……(トイレに流せるものと流せないもので分けてます)

C08_63_img03

オムツなど。オムツの袋って、袋のままだと案外置き場所に困るんですよね(^^;;
開封したついでに、こちらに詰め替えています。しかも、横幅もピッタリ。
トイレまわりのものなどはこうして、目につかないようにしつつもワンアクションでサッと取れる場所に収納しています。

C08_63_img04

上の段は、紙袋やゴミ袋などを収納。時々しか使わないスタイリング剤(ハードスプレーやムースなど)も、ここに収納しています。
その上は扉を開けた時には見えない場所なので使用頻度の低いものや、業務用サイズで買っている詰め替え洗剤が置いてあります。

C08_63_img05

真ん中の段のトイレットペーパーとティッシュだけは個数がわかるようにカゴに収納。
その横のボックスには詰め替え用のシャンプーやボディーソープ。もうひとつは、洗剤などのストックが入ってます(^^)
ひとつだけ高さが違うボックスがあるのは、書類入れ。主に主人用です。
このように、収納したいものを計算してボックスを買う、など計画性がスッキリ収納のポイントです。

C08_63_img06

下のカゴには雑巾とオムツを捨てる時に使うゴミ袋を。
その横の空いているスペースは、オムツや着替えなどを詰めたママバッグを入れていて、いつでもすぐに出かけられるようにしています♪

子育て中は、オムツや、おしりふきなど、今しか使わないものがたくさん。使わなくなるものがあると収納を見直すことになるのですが、その度に収納ケースを買い換えるのは、なんだかもったいない気がして……
使わなくなっても他の場所でも利用出来る、と思えたシンプルで使いやすい『無印良品』の収納ボックスを選びました。
キッチンやパントリー、2階の納戸でも利用しているので、子どもの収納アイテムが少なくなったら、またどこかで役に立ってくれると思います(^^)

第4回目はパントリーを紹介します。いつも読んでくださり、ありがとうございます♪