7月のイベント&セミナー

扇田克也-光のカタチ

扇田克也《LIGHT-SHAPE》2006年 作家蔵

扇田克也《LIGHT-SHAPE》2006年 作家蔵

静謐であたたかな存在感を放つ、「ガラスと光の世界」

ガラスを素材に柔らかな光を湛える作品を生み出す作家・扇田克也の個展「扇田克也-光のカタチ」が、富山市ガラス美術館で開催され、初期から現在に至るまでの数々の珠玉作品が展覧されます。家、山、大地、雨、海、星など、身の回りの風景の中にあるものを見つめ、日々を生きる中での体験から発見を得て創り出される作品たち。そこには、自然の秩序の中で営まれるささやかな日常を慈しむ作家のやさしい眼差しが投影されています。シンプルにかたどられたガラスの内部に宿る、柔らかな光。そして、時間や角度によって、表情を変えていく幻想的な光。無機質な「ガラス」から誕生した、幻想的なアートに心潤されてみてはいかがでしょうか。

扇田克也-光のカタチ

開催期間
2018年 〜9月3日(月)
開催時間
9:30~18:00(金・土は20:00まで/いずれも入場は閉館30分前まで)
休館日
7月4日(水)、7月18日(水)、8月8日(水)、8月22日(水)
入場料
一般700円/大学生500円/小中高生未就学児は無料
会場
富山市ガラス美術館(2F 展示室1・2)
住所
富山県富山市西町5-1
問い合わせ
富山市ガラス美術館
076-461-3100
http://toyama-glass-art-museum.jp/
  • 扇田克也《海に降る雨》2011年 作家蔵

    扇田克也《海に降る雨》2011年 作家蔵

  • 扇田克也《HOUSE》2013年 作家蔵

    扇田克也《HOUSE》2013年 作家蔵

京都ギャラリー第217 回企画展【TDC 2018】

B02_29_04.jpg

感性を刺激する、唯一無二のアート作品を展覧

東京タイプディレクターズクラブ主催の国際アニュアルコンペティション「東京TDC 賞 2018」の成果を発表する作品展が京都dddギャラリーで開催されます。注目のグランプリ作品をはじめ、受賞10作品やノミネートされた作品など、タイポグラフィを軸にしたグラフィックデザイン優秀作品150点あまりを展示。洋の東西や世代を越えた幅広いジャンル作品が集結し、タイポグラフィシーン最前線を感じさせるバラエティに富んだラインナップが展開されます。身近なペーパーバッグや本のデザイン、ポスターなど、ここでしか出会えない斬新な作品と出会える絶好の機会。個性あふれる気鋭の作品を間近で鑑賞し、アート感覚を磨いてみませんか?

京都ギャラリー第217 回企画展【TDC 2018】

開催期間
2018年 〜8月21日(火)
開催時間
11:00~19:00(土曜・7月22日(日)は、18:00まで)
休館日
日曜・祝日※特別開館7月22日(日)
入場料
無料
会場
京都dddギャラリー
住所
京都市右京区太秦上刑部町10
問い合わせ
京都dddギャラリー
075-871-1480
art-house@to.shiseido.co.jp
  •  【グランプリ】Prill Vieceli Cremers(スイス) 「Under the Radar, Underground Zines and Self-Publications 1965-1975」ブック

    【グランプリ】Prill Vieceli Cremers(スイス) 「Under the Radar, Underground Zines and Self-Publications 1965-1975」ブック

  • 【特別賞】仲條正義 「Mother & Others」ポスター

    【特別賞】仲條正義 「Mother & Others」ポスター

  •  【特別賞】井上嗣也 「野生展Wild: Untamed Mind “LANDSCAPE” / 野生 展Wild: Untamed Mind」ポスター

    【特別賞】井上嗣也 「野生展Wild: Untamed Mind “LANDSCAPE” / 野生 展Wild: Untamed Mind」ポスター

  •  【ブックザイン賞】 Fraser Muggeridge studio(イギリス) 「Shonky: The Aesthetics of Awkwardness」ブック

    【ブックザイン賞】 Fraser Muggeridge studio(イギリス) 「Shonky: The Aesthetics of Awkwardness」ブック

三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA

撮影 浅田政志

撮影 浅田政志

クスノキから誕生した、アニマルたちの愛おしき饗宴

クスノキの丸太から彫り出す動物の彫刻作品「ANIMALS(アニマルズ)」で知られる彫刻家・三沢厚彦の個展が、横須賀美術館で開催されます。ヤモリやカエル、猫や犬など身近な小さな動物から、サイやシロクマといった大型動物、さらにユニコーンをはじめとする空想上の動物まで、さまざまな動物たちをほぼ原寸大で彫り出して彩色した作品たち。この圧倒的な存在感を放つ作品は、動物の筋肉や毛並みなど新たなリアリティが見事に表現され、目にした人々を創造的な世界へと誘ってくれます。白を基調とする空間に心地よく調和する生き生きとした動物たちと触れ合い、三沢作品の魅力をあらためて体験してみてはいかがですか。

三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA

開催期間
2018年 〜9月2日(日)
開催時間
10:00~18:00
休館日
7月2日(月)、8月6日(月)
入場料
一般900円/高大・65歳以上700円/中学生以下無料/市内在住または在学の高校生、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名は無料
会場
横須賀美術館
住所
神奈川県横須賀市鴨居4-1
問い合わせ
横須賀美術館
046-845-1211
http://www.yokosuka-moa.jp/
《Animal 2010-01》 2010年 撮影 永野雅子(c)Misawa Atsuhiko, Courtesy of Nishimura Gallery

《Animal 2010-01》 2010年 撮影 永野雅子
(c)Misawa Atsuhiko, Courtesy of Nishimura Gallery

  • 《Bird 2018-01》2018年 撮影 三沢厚彦(c)Misawa Atsuhiko, Courtesy of Nishimura Gallery

    《Bird 2018-01》2018年 撮影 三沢厚彦
    (c)Misawa Atsuhiko, Courtesy of Nishimura Gallery

  • 《Animal 2014-01》 2014年 撮影 三沢厚彦(c)Misawa Atsuhiko, Courtesy of Nishimura Gallery

    《Animal 2014-01》 2014年 撮影 三沢厚彦
    (c)Misawa Atsuhiko, Courtesy of Nishimura Gallery