編集部・栗谷川

編集部・栗谷川

読書、映画、料理などインドアな趣味が大好き。夫・猫2匹と東京都内で暮らしています。整理収納アドバイザー。

e02_03_01

インテリアショップや雑貨店で、カゴがザーッと並んでいると、ついつい手に取って「何を入れたらちょうどいいかな……」と考えてしまうことってないですか?

カゴには素材やシルエット、一つひとつに個性があり、収納道具としてだけではなくインテリアとしても、部屋にしっくり馴染んでくれるところが魅力のひとつですよね。

今回は、一風変わったカゴをご紹介。
カゴの素材は竹などが多いものですが、こちらは「い草」が素材。
畳と同じ、柔らかい素材です。

柔らかい素材でざっくり編まれたカゴは、キッチンで根菜などを保存する吊り下げ収納にもピッタリ。
リネンのキッチンクロスなんかをざっくり入れても素敵です。

クローゼットにかけて、マフラーやスカーフをポンポン収納したり、ワインを入れてお土産用バッグにしたり……
この細長く珍しいフォルムに、どんどん使いたい場所が浮かんできます。

もう一つの魅力は、い草特有の青々とした香りがほのかに芳ること。

自然由来の収納道具ならではの個性も楽しめますよ。

編集部・栗谷川