• Vol.78 お気に入りの食器を使いやすくする収納のポイント

    はじめまして。misaと申します。小学一年生と年長さん、2人の息子がいて賑やかな日々を送っています。片付けても片付けてもあっという間に散らかる毎日の繰り返しなので、短時間で片付けられる収納を考えたり、少しでもラクに家事がこなせる家づくりを模索するのが趣味でもありま[…]

  • Vol.77 子どもが自ら片付けをしてくれるためのちょっとした工夫

    こんにちは。nikaと申します。夫と4歳の娘との3人暮らしをしている働くお母さんです。わが家の収納について紹介させていただきますね。子どもが産まれてマイホームを持ったことをきっかけに、たくさんあったものを少しずつ減らしたり、ラクに家事や片付けができる仕組みづくりし[…]

  • 特別企画「+ONE LIFE LAB(プラスワン ライフ ラボ)」銀座ギャラリー突撃レポート

    “大人のひとり暮らしのための住まい”をコンセプトに2018年4月に銀座にオープンした、体験型ギャラリー「+ONE LIFE LAB(プラスワン ライフ ラボ)」。マンション購入のためのモデルルーム見学とかはまだ敷居が高いけれど、住まいやインテリアに興味がある、ひとり暮らしの人たち[…]

  • アンティーク 山本商店直伝!家具リペア術 Vol.7

    長く使える良い収納家具と出会いたい…。そんな願いから今回、注目したのが「和家具」。一点物の存在感に加え、壊れても直せて何十年と使い続けられる和家具は、もっともエコな家具と言えるかもしれません。使ってこそ良さが実感できる和家具に、新たな命を吹き込む術を、創業70年[…]

  • vol.39「収納上級者が暮らす、“帽子の家”」

    都内西部の住宅地に建てられたその家は、まるでつば付きの帽子をかぶったような外観。整理・収納が得意な友人のために設計された、ユニークで機能的な一軒家を取材しました。地域でもアイコン的存在になっている “帽子の家”。建築家の佐々木珠穂さんと、施主のMさんは、高校時代同[…]

  • 収納がもっと楽しくなる本の話 第6話

    代々木上原駅からほど近い、今年で開店15年目を迎える古書店。店名は「古本」や「古書」を意味するスペイン語で、店の雰囲気にマッチしたロゴマークはイラストレーター・和田誠さんによるもの。「その町のお客さんが必要とされるもの」を揃えており、映画、音楽、落語、カルチャ[…]

  • Cgallenge.05 100円ショップの『木製カッティングボード』で かわいいデコ雑貨づくり

    本来はまな板として利用される「木製カッティングボード」ですが、最近では、おしゃれな食卓に欠かせないアイテムとして大注目!100円ショップでも販売され、その形やサイズもさまざま[…]

新着記事