• Vol.75 家族全員が使いやすい収納とは?細かいものを集めた収納術《かもめさん》

    こんにちは、かもめです。第5回目、最後の回は、こまごましたモノの収納のご紹介。ステーショナリーグッズや日用品などの細々したモノを、「無印良品」のポリプロピレンケースに収納。高さが違う3タイプを使い、その中もさらに「無印良品」のデスク内整理トレーの4タイプを使い分[…]

  • Vol.74 使い勝手や使用頻度を考えた、スマートバスルーム収納《いがりこさん》

    こんにちは、いがりこです。わたしの連載最終回の5回目は、洗面所の収納についてご紹介します。わが家は、洗面所(脱衣所)も扉がなく、キッチンや廊下から丸見え。夫婦二人ですし、窓がない場所なので湿気がこもらないようにという理由からです。収納場所は木材を使った造作の[…]

  • vol.38「家事と育児の動線を意識した、収納上手のリノベーション住宅」

    住宅ビルのワンフロアを3人家族のためにリノベーションした、女性建築家のご自宅を取材しました。そこには、子育て世代が効率的に家事と育児をこなせる収納の工夫がたくさんありました。勤務する建築事務所では、主に商業建築や公共建築の設計を手がけているという寺川さん。もう[…]

  • アンティーク 山本商店直伝!家具リペア術 Vol.6

    前回に引き続き、棚の使い勝手をリペアする方法をご紹介。今回は段数を増やして収納力をアップさせる方法を直伝!(前回の記事はこちら)上に飾り棚が付いたタイプの昭和30年代の本箱。棚板はゆったりと高め。今回はこの棚板を足すことで段数を増やし、収納力を上げる。棚受けは、ニ[…]

  • 収納がもっと楽しくなる本の話 第6話

    代々木上原駅からほど近い、今年で開店15年目を迎える古書店。店名は「古本」や「古書」を意味するスペイン語で、店の雰囲気にマッチしたロゴマークはイラストレーター・和田誠さんによるもの。「その町のお客さんが必要とされるもの」を揃えており、映画、音楽、落語、カルチャ[…]

  • Cgallenge.05 100円ショップの『木製カッティングボード』で かわいいデコ雑貨づくり

    本来はまな板として利用される「木製カッティングボード」ですが、最近では、おしゃれな食卓に欠かせないアイテムとして大注目!100円ショップでも販売され、その形やサイズもさまざま[…]

新着記事