注目のリノベ物件「閉じない部屋」に学ぶ 見せる収納・隠す収納のバランス配分

C07_44_img01

独立した部屋がないのにプライベートが保たれた、そのリノベーションマンションのニックネームは、「閉じない部屋」。見せる収納・隠す収納をうまく組み合わせた実例を取材しました。

閉じずに隠せる、新感覚のワンルーム

都内北部にある、築10年、75㎡のマンションです。もともとは4人家族が暮らしていた3LDKの間取りでしたが、新オーナーとなった若い夫婦の要望で、フルリノベーション。間取りの達人によって、とてもユニークな造りのワンルームへと生まれ変わりました。

C07_44_img02

玄関を開けると、ベランダから光が降り注ぐリビング・ダイニングまでが一望できます。その手前には、何やら不思議なコンクリートの壁が……。

「若いご夫婦には、細々と分かれた部屋は不要です。でも、オープンなワンルームでは、来客時や生活の変化への対応が難しい。そこで、プライベート空間(寝室)だけは不用意に見えない場所に、最小限の壁を立てて、ゆるやかに仕切りました」。
そう話すのは、リノベーションの設計を担当した佐々木高之さん。
「将来、家族が増えた場合などに、この壁をよりどころにして、最大2つの寝室を確保できるように、動線と電気配線まで計画してあるんですよ」(佐々木さん、以下同)。

閉じない壁で仕切られた寝室は、広さもゆったり。リビング側からの光も届き、明るく快適です。

閉じない壁で仕切られた寝室は、広さもゆったり。リビング側からの光も届き、明るく快適です。


寝室空間をリビング側から見たところです。寝室が完全には閉じられていないことがわかります。

寝室空間をリビング側から見たところです。寝室が完全には閉じられていないことがわかります。

天井のハンガーパイプが見せる収納のキーに

C07_44_img05

角部屋という好条件を活かして、窓際に当たる2
辺には、天井に黒いハンガーパイプが設置してあります。これが、閉じない部屋だからこそできる収納テクニック。玄関から入ったすぐの場所では、洗濯ものの室内干しや、お客様用のコート掛けに。ベッド周辺の収納空間ではワードローブとして大活躍。さらにリビングでは、ディスプレイのポイントになるなど、とにかく便利なのです。

ベッド周辺では、ワードローブになるハンガーパイプ。閉じない空間なので、風通しも良好。

ベッド周辺では、ワードローブになるハンガーパイプ。閉じない空間なので、風通しも良好。

リビングは見せる収納、キッチン・ダイニングは隠す収納。メリハリの効いた収納計画

C07_44_img07

入口からリビングには、腰高のオープン収納棚が繋がっています。これは、「無印良品」の収納用品が隙間なくぴったり収まるように造作したもの。先に紹介したハンガーパイプなど、見せる収納が印象的なお宅ですが、ダイニング・キッチン周りは、隠す収納をご希望されたそう。

「ライフスタイルが確立されているご夫婦なので、事前の収納計画もバッチリでした。見せて整理するもの、目に触れたくないものはきっちり分けて考えられていましたね」。

ダイニング周辺は、とにかくものを極力減らして、食卓の彩りが映えるように配慮しているそう。

ダイニング周辺は、とにかくものを極力減らして、食卓の彩りが映えるように配慮しているそう。

壁面収納には、書類や工具、スーツケースなどが整理されています。

壁面収納には、書類や工具、スーツケースなどが整理されています。

収納を活かしてグリーンを飾るテク

C07_44_img10

オーナー夫人は、「植物」と「暮らし」の情報発信をしている編集者。リノベーションの物件選びも、「植物がよく育つかどうか」を基準に、日当りと風通しの良さを重視したそうです。

リビングの収納棚の上と、モルタル部分の床には、バラエティ豊かな鉢を並べ、ハンガーパイプにもグリーンとドライフラワーをハンギング。佐々木さん考案の収納設計をフルに活用し、上手にディスプレイされていました。

小さなグリーンをまとめて飾れる移動式のワゴンは、佐々木さんの工房で、夫妻が手作りしたものだそう。

小さなグリーンをまとめて飾れる移動式のワゴンは、佐々木さんの工房で、夫妻が手作りしたものだそう。

お互いの気配を適度に感じる快適キッチン

C07_44_img12

ダイニングを見渡せるアイランドキッチンは、リノベーション時に造作をしたもの。調理をする風景はオープンでも、調理器具や食器、食材などは、すべてキッチン周りの収納に収められるように設計されています。

「アイランドキッチンは、プライベート空間の内窓に面しています。この家には完全に閉じられている場所はなく、2人はどこにいても、お互いの気配を感じていられるという間取りです。収納に関して言えば、全体的に隠しきらないところが、整理が進むポイントですね。必要なもの、不必要なものを見直す機会も多くなると思います」。

悪目立ちしやすい冷蔵庫などの家電はダイニングから見えづらいように壁を設置しました。キッチンの向かい側に、寝室があります。

悪目立ちしやすい冷蔵庫などの家電はダイニングから見えづらいように壁を設置しました。キッチンの向かい側に、寝室があります。

センスのいい夫妻が暮らす「閉じない部屋」は、日々の暮らしのなかで自然に整理収納ができてしまう、ハイテク収納住宅でもありました。