アンティーク 山本商店直伝!家具リペア術 Vol.2

長く使える良い収納家具と出会いたい…。そんな願いから今回、注目したのが「和家具」。一点物の存在感に加え、壊れても直せて何十年と使い続けられる和家具は、もっともエコな家具と言えるかもしれません。使ってこそ良さが実感できる和家具に、新たな命を吹き込む術を、創業70年の和家具アンティークの専門店「アンティーク山本商店」に伺います!

お題「引き手の付け替え」

グラついたまま使うと、取れたり折れたりしてしまう引き手は、緩んだらすぐに締め直すのが長く使うコツ。実は、意外と簡単にお手入れできるんです!

yamamotosan

「和家具の引き手は、職人が家具全体のバランスを考えて選んでいます。普段からメンテナンスをして、できるだけオリジナルのまま使いたいですね」
(山本商店3代目店主・山本さん)

<初級編>
小引き出し箱の引き手のグラつきを簡単メンテ!

BEFORE

  • A05_01_img02
  • A05_01_img02

40~50年前の小引き出し箱。作りはしっかりしているものの、引き手を固定している金具が緩んでグラグラしている。

カバーを外せば簡単に増し締めできる仕組みの引き手

A05_01_img02

引き出し部の穴に引き手金具を押し入れ、裏でナットを締める仕組み。丸いカバーで隠してあるのが一般的。

ペンチで締め直してグラつき解消
<直伝!真似テク>

引き手にグラつきが出たら、裏側の金具をペンチで増し締めすれば、すぐに固定できる。コツさえ押さえれば、初心者でも簡単!

A05_01_img03

STEP1
丸いカバーを外す。ペンチの丸い部分で挟めば金具を痛めない!

A03_05_img04

STEP2
グラついた引き手を元の位置に押し戻す。

A03_05_img06

STEP3
ペンチでナットを締め直してしっかり固定!

A03_05_img06

STEP4
カバーの小さな突起を穴に合わせ、金槌で押し込むだけ!

AFTER

A05_01_img02

裏のナットを締め直すだけで、空いていた隙間もピッタリとなくなり、グラつきはまったくなくなった。

<中級編>
茶棚の“ブラカン”の付け替え

BEFORE

  • A05_01_img02
  • A05_01_img02

引き出しの揺れる金具は“ブラカン”と呼び、デザインもさまざま。これは昭和初期の茶棚で、ブラカンが緩んで取れそうになっている。

ブラカンの仕組みは裏で開いて留めるだけ

A05_01_img02A05_01_img02

ブラカンを固定する仕組みは、金具を差し込み、裏で左右に開いて留めるというシンプルなもの。中級者なら比較的簡単に交換できる。

ブラカン交換は裏ワザで強度UP!<直伝!真似テク>

リペアする時は、左右に折って固定した金具に、もう1カ所プラスして折り加工を!強度が増して長持ちする。

A05_01_img03

STEP1
グラついたブラカンを引き抜く。

A05_01_img03

STEP2
新しいブラカンを奥まで差し入れる。

A05_01_img03

STEP3
金具を左右に開いたら、先から2~3mmのところをペンチで90度に曲げる。

A05_01_img03

STEP4
金槌で本体に垂直に打ち込む。

AFTER

A05_01_img02A05_01_img02

グラつきがなくなり、使い勝手は格段にUP!新しいブラカンは、ホームセンターやインターネットで好みのものを探して。

次回は、上級編の「取っ手のアンティーク加工」をご紹介します。

時代和家具の店 アンティーク 山本商店

03_01_img012

下北沢で70年続く時代和家具の専門店。明治、大正、昭和初期の時代和家具と雑貨が、常時1500~2000点ほど揃う。地下1階から2階まで所狭しとディスプレイされたアンティークの和家具は、すべてメンテナンス済み。「使ってこそ良さを実感できる」とのポリシーから、仕入れた和家具は1点ずつ丁寧に職人が手入れし、新たな命を吹き込んでいる。お手入れ方法や家具の特性は、和家具を愛するスタッフがアドバイスしてくれる。価格も数千円からとリーズナブルで、幅広い年代の和家具ファンが足繁く通う人気店。

  • 時代和家具の店 アンティーク 山本商店
  • 東京都世田谷区北沢5-6-3
  • 営業時間 11:00~19:00
  • 定休日 月曜日 ※祝日の場合営業し、翌火曜日が振替休日
  • 問い合わせ
  • 03-3468-0853
  • http://www.antique-yamamoto.co.jp/