vol.34 立体回遊型の眺望住宅に見る、「人の居場所」を最優先した収納設計

C07_33_img01

横浜の盆地を見下ろす崖地に建てられた、広大な邸宅。家中を周遊できるユニークなその家で、暮らしをより快適にする収納設計のセオリーについて伺いました。

屋外も室内も、行き止まりのない回遊型住宅

横浜本牧。眺めがいい崖の突端に、昨年末完成したばかりのN邸。真っ白な外壁を銀色の鋼板が取り巻く、シンプルかつエレガントな豪邸です。
敷地面積はなんと266.59㎡。建物の延床面積も206.44㎡と、かなりの広さがあります。この家の特徴は、「回遊型」の眺望住宅であること。外階段を設置し、中庭と二階のテラスを通って周遊できる屋外。そして室内も、スロープやWICを利用して、行き止まりのない動線を実現しています。

2階主寝室からの眺め。左側に見えるスロープは子ども部屋前の廊下につながり、右側のWICを通って奥の書斎へ行くことができます。

2階主寝室からの眺め。左側に見えるスロープは子ども部屋前の廊下につながり、右側のWICを通って奥の書斎へ行くことができます。

WICの中を主寝室側から見たところ。南北に細い敷地のため、やや長くなる動線上に、効率よく収納スペースを設けてあります。

WICの中を主寝室側から見たところ。南北に細い敷地のため、やや長くなる動線上に、効率よく収納スペースを設けてあります。

「ロケーションを活かして眺望を最大に取り込むこと。行き止まりのない動線をつくり、家の外でも中でも、子どもが安全に走り回れるようにすること。このふたつを最優先に考えてつくった、立体回遊型の眺望住宅です」(相坂さん、以下同)。

構造を活かした屋外の収納スペース

ユニークな立体回遊型の住宅には、その構造を活かして、屋外にも収納スペースがあります。
「収納は、設計のなかで、さまざまな条件をクリアしながら、同時に考えることにしています。そうすることで、場所に応じて、視覚的にも、使い勝手もいい収納スペースが生まれます」。

ガレージ向かって右側には、外階段の下部分に、外で使う趣味のアイテムのスペースが。

ガレージ向かって右側には、外階段の下部分に、外で使う趣味のアイテムのスペースが。

隣地擁壁の崩落対策のため、1階だけセットバックしたスペース。自転車置き場などに最適です。

隣地擁壁の崩落対策のため、1階だけセットバックしたスペース。自転車置き場などに最適です。

WICを挟み長く住める「下宿型」の子ども部屋

N邸は、2人の娘さんを含めた4人の暮らし。施主のNさんには、「2人の娘たちには、できるだけ長く家にいてほしい」という希望があったそうです。そこで相坂さんは、二つの子ども部屋の間に専用トイレと共用WICを挿み、リビングを通らずに玄関や浴室へ行き来できるプライバシーの高い「下宿型」の構成を提案しました。

要望されたパステルピンクの扉の右側が、姉妹で共用できるWICになっています。

要望されたパステルピンクの扉の右側が、姉妹で共用できるWICになっています。

娘たち2人の共用WIC。子どもにも整理がしやすいようにポールの位置を工夫してあります。

娘たち2人の共用WIC。子どもにも整理がしやすいようにポールの位置を工夫してあります。

もう一つの子ども部屋。WICの扉は、娘さんの希望通り、ラベンダー色に。

もう一つの子ども部屋。WICの扉は、娘さんの希望通り、ラベンダー色に。

個室は大切にしながら、共有スペースを挟むことで、つながっているという安心感も得られる設計。動線の良さはもちろん、家族一人ひとりを思いやった収納の配置が実現されています。

人の居場所とモノの置き場は同時進行で考える

建築・収納・家具。家を構成するこれらのモノが、人の暮らしを妨げる要因になってはならない、と相坂さんは言います。
「一番大切なのは、人の居場所ですよね。人がいかに生活しやすく、快適に過ごせるかという視点に立って、モノの置き場所を決めることが大切だと思います」。

N邸のリビング。敷地の先端まで活用して、崖地に張り出す大開口を設けました。広いガラス窓からは、盆地の風景を一望できます。

N邸のリビング。敷地の先端まで活用して、崖地に張り出す大開口を設けました。広いガラス窓からは、盆地の風景を一望できます。

構造を工夫して崖のぎりぎりまで床を広げたダイニングスペース。結果的に生まれた小上がりの下には、布団などをしまえる便利な床下収納に。

構造を工夫して崖のぎりぎりまで床を広げたダイニングスペース。結果的に生まれた小上がりの下には、布団などをしまえる便利な床下収納に。

「人が動ける場所をつくった上で、残った場所に、モノの居場所を適切に配置していく。それが、収納だと思っています。また、見せるもの、見せないもの。見せたいけど埃をかぶせたくないもの…など、それぞれに適したしまい方、飾り方、配置や動線をきちんと考えることが大切です」。

リビングの壁面収納は、すべてオリジナルの造作。照明も組み込まれています。見せたくないものは、引き出しへ。趣味のワイングラス類は圧迫感のないガラスのショーケースに陳列されています。

リビングの壁面収納は、すべてオリジナルの造作。照明も組み込まれています。見せたくないものは、引き出しへ。趣味のワイングラス類は圧迫感のないガラスのショーケースに陳列されています。

キッチンからすぐに出入りできる場所に、もう一つの外階段下を活用して、パントリーを設置。扉を閉めれば生活感もありません。

キッチンからすぐに出入りできる場所に、もう一つの外階段下を活用して、パントリーを設置。扉を閉めれば生活感もありません。

敷地の環境と人の動線から、配置・形状・仕様を決めていくこと。そこに、最適な収納が生まれる、と相坂さんは言います。
「家は、人が中心でなければならない」という言葉が如実に再現されたN邸。そこは、自由に回遊しながら、自然とモノを整理することができる、最先端の収納住宅でした。