vol.35 プチプラアイテムを活用した、ひとり暮らしのモダンリビング《ななはちさん》

インテリアが人気で、多数のフォロワーを持つインスタグラマーの自宅には、工夫を凝らした収納術がたくさん詰まっています。人気インスタグラマー5人が、インテリアのこだわり、そして多彩な収納ポイントをリレー形式でご紹介。第1シリーズご好評につき、新たなインスタグラマーで第2シーズンがスタート!

著者プロフィール

profile_nanahachi

ななはち

Instagram:_____7.8_____
7.8畳の賃貸アパートでひとり暮らしをされている、社会人2年目のななはちさん。ご出張も多い中、お部屋で過ごす時間を大切にされています。様々な制限がある中でたどり着いた、手間とお金をかけない「ひと工夫の積み重ね」の収納術に注目です!

こんにちは、ななはちです!

今回はリビング後編ということで、こちらの一角をご紹介します。

C08_35_img01

私のInstagramでもよく登場するこの場所には、マガジンラック、シェルフ、全身鏡など、ジャンルを問わずいろいろなものを置いています。
ちなみに、全身鏡の後ろには掃除用具(掃除機やクイックルワイパー)が隠れているんです!
こうした少しの工夫で、生活感のあるものを隠すことが部屋づくりのポイントのひとつ。

C08_35_img02

向かって左側からご紹介します。
購入した頃は小さかったパキラはぐんぐん成長して、今では私の部屋の大事なポイントに。グリーンや植物があると、インテリアの温度感がぐっとアップしますよね!
無印良品のファンは、秋冬はヒーターにチェンジ。家電も、部屋の雰囲気に合わせてシンプルなものをセレクトしています。マガジンラックと時計はニトリ。どちらも2000円以下で買えるのに高クオリティなところはまさに「お値段以上」!

C08_35_img03

右端のシェルフが、このスペース最大の収納アイテム。こちらもプチプラ、ニトリのウッドシェルフです。天板の右側にはホームシアター用のプロジェクターを。
また、こまごましたアイテムもここにまとめています。メモ用紙代わりの小さい付箋は100均の瓶にイン。他の散らばりそうなものは、インテリアショップで300円だったカゴにひとまとめにして、すっきり感アップ!

C08_35_img04

シェルフの上段には、趣味で作っているアクセサリーの材料を。
このシェルフは自分で組み立てるもので、段の高さが調整可能なんです。収納するものに合わせた高さにすることで、無駄のない収納が簡単にできちゃいます。黒いロープはなんと、自転車用ロープ!カレンダーを吊るしたり、他にも好きなものを飾ることができるのでおすすめのアイテムです。

C08_35_img05

下段は主にカゴを使った収納に。
ひとつ前の写真に写っていますが、上段に引っ掛けたニトリのワイヤーバスケットにはカメラを収納。
カゴはニトリのもので、深めの作りなので収納力抜群です!カゴ上の方の余った空間には100均のワイヤーのカゴを組み合わせて、その深さを最大限に活用。
ワイヤーカゴにはお気に入りのCD、下のカゴには読み終わった本、救急箱、来客用のブランケットなどを入れています。
さっと出したいものも、ここにしまっておけばすぐ取り出せて便利!

リビング後編、いかがでしたか?
なんといってもわが家は7.8畳。あまり広さのない部屋なので、スペースをいかに効率的に使うかが重要になってきます。
死角に掃除用具を隠して置いたり、シェルフやカゴの余ったスペースに1アイテムプラスして収納場所を増やしたり……。
そういった「ちょっとした工夫」の積み重ねで、少しでも効率のよい収納ができるよう心がけています。
そして、その工夫にはプチプラグッズが大活躍!
部屋を見渡すと、大体のものがプチプラなのでは?というくらい、プチプラの家具や雑貨をたくさん愛用しています。

次回はInstagramでもあまり載せたことのない、キッチンを紹介します!