「防災備蓄」とは、災害時に⾃宅で避難⽣活をできるよう、⾷料や⽣活必需品を備えておくこと。「ウチには⾮常⽤持ち出し袋があるから⼤丈夫」と思うかもしれませんが、最近の実状を⾒ると、それでは少し⼼もとないようです。地震や台⾵などの⾃然災害、そしてコロナ禍を経験し、注⽬が⾼まる「防災備蓄」。 この連載では、家族の命と健康を守る「防災備蓄」の具体的なアイデアと収納術をお届けします。

HOUSTO 編集部

HOUSTO 編集部

HOUSTO公式アカウントです。当サイト独自の目線で、毎日の暮らしがちょっと豊かになる情報を定期的にお届け中です!

https://www.instagram.com/ouchinoshunou/

コロナ禍に変わりゆく防災への意識

「マスクが買えない!」「スーパーの棚が空っぽ」というコロナ禍での物資不⾜は、つい先⽇、経験したばかりで記憶に新しいはず。災害でストップするのは、電気・ガス・⽔道といったライフラインだけではなく、お店に商品を運ぶ物流もストップします。

そして「災害時には避難所に⾏けばなんとかなる」という考えも、ちょっと危ういかもしれません。避難所や物資の配給をしてくれる⽅たちなども、同じ被災者。⽀援が始まるには時間がかかります。さらにコロナの感染対策で、避難所の収容⼈数も⼤幅に減っています。

家族もおウチも無事だった場合には、焦らずおウチで家族と過ごせるように、そして周囲の⽅と助け合えるように、⼗分に備えておきたいものです。

最低1 週間は⽣活できるように備えよう

それでは、どのぐらいの物資を備えておけばいいのでしょうか。 その⽬安は「1週間分」。2019 年の台⾵15 号の被害では、千葉県の停電の全⾯復旧には2週間かかりました。停電がおきると、マンションなどでは⽔も使えなくなることも。試しに家のブレーカーを落として1⽇過ごしてみると、停電の不便さを実感できますよ。

また、配給が始まっても、⼗分な物資をもらえるとは限りません。買い物を⼀切しなくても最低1周間は過ごせるように、備蓄しておくと安⼼です。

収納場所は探すのではなく作ること!

防災備蓄のためには、収納場所も必要ですよね。たとえば4 ⼈家族だと、1 週間の物資は押し⼊れ半間分にも届くそう。

ふだんから収納には苦労しているのに「そんな場所あるわけない!」と思う気持ち、よくわかります。でも防災備蓄は、家族の命を守るためのもの。まずは収納スペースからモノを出し、場所を作りましょう。その場に収納してあったモノは、家族の命より⼤事なモノではないはずです。

防災備蓄の準備は、⾃分にとって、家族にとって、本当に必要なモノや⼤切なモノを考え直すきっかけにもなります。明⽇からの暮らしを変える良い機会かもしれません。

さて、「防災備蓄品は1 週間分」とざっくりお伝えしましたが、何をどれぐらい⽤意すればいいのでしょうか? 次回は、必要な⽔や⾷料、意外な必需品まで、具体的にご紹介します。

今回、お話を伺ったのはこの方
⻑柴美恵さん

⼀般社団法⼈ 防災備蓄収納プランナー協会 代表
東京都出⾝。整理収納お⽚づけコンサルタントとして⼀般家庭からオフィス整理改善、企業との提携事業など活動を広げるなか、2016 年に⼀般社団法⼈ 防災備蓄収納プランナー協会を設⽴。防災備蓄のための収納プランナーの育成を⾏なっている。
https://bichiku-shunou.or.jp/