リノベ希望場所として一番と言っても過言ではない、キッチンやトイレ、お風呂などの水回り。今回はそんな水回りのリノベのタイミングを中心にご紹介します。

HOUSTO 編集部

HOUSTO 編集部

HOUSTO公式アカウントです。当サイト独自の目線で、毎日の暮らしがちょっと豊かになる情報を定期的にお届け中です!

https://www.instagram.com/ouchinoshunou/

水回りリノベを考えるタイミングは?

「リノベーション」というと建物や部屋全体の改装を想像しがちですが、実際の施工例が多いのは水回りリノベ。キッチン、トイレ、お風呂といった水回りは、毎日使う場所だからこそ、必ず劣化していきます。

一般的に修理が必要となる時期は、

・キッチンは使用10年〜
・トイレ・お風呂は使用15年〜

と言われています。故障ならば部品交換などの簡易リフォームだけで済む場合もありますが、イメージや使い勝手を変えたい場合、例えば壁や床、収納スペースの見直しなどを総合的に考えると、水回りリノベの検討がおすすめ。

暮らしがグンと便利に、そして楽しくなることうけあいです。

キッチンリノベのタイミングは?

renovation03_02

キッチンと一口に言っても、さまざまな設備から成り立っています。システムキッチン自体の耐用年数は約20年とされていますが、換気扇、レンジフード、ガスコンロやIHクッキングヒーター、排水管など、いずれの設備も10年くらいからガタがきます。

さらに耐用年数が経過し、生産中止になる設備もあるので、要確認。複数の設備に修理が必要になったとき、また、キッチンのレイアウト自体に不満を持っているなら、思い切ってキッチン全体のリノベを検討してみては?

キッチン設備は、日々進化しています。新しいキッチン空間で、より快適にクッキングを楽しみましょう。

タイミングが分かりづらい、「トイレ」のリノベはいつすべき?

renovation03_03

キッチンやお風呂は、給湯器の故障からはじまり、他の設備でも明らかに不具合が目に見えることが多いのですが、さてトイレは……?

今でも昭和レトロな陶器製トイレはよく見かけますよね。使用する時に、不便さを感じることがなければ、長く使えるのがトイレです。しかし、毎日使うものですから、どうしても汚れが堆積しやすいもの。

「便座の縁や床や壁などの汚れが、掃除をしてもなかなかきれいにならないな。」
「もっと快適で、掃除のしやすいトイレがいいな。」

と思ったら、リノベを検討してみるのもいいでしょう。

水回りリノベ”は「まとめて計画」がおすすめ

例えば15年経って、水回りにどこか一か所の不具合が出てきたとしましょう。部分的な修理をしてもいいのですが、これくらい経年している場合、ほかの水回りも劣化していると考えられます。

もちろん予算にもよりますが、トイレ+お風呂、お風呂+洗面所など、ある程度の水回りはまとめてリノベをするのがおすすめ。局所的に何度も工事をするよりも、一度のタイミングで済ませた方がコスト的にも断然おトクなのです。

さらにデザインの統一感、収納の充実など、インテリアも一緒に計画することで、満足度もアップします。

ぜひ水回りリノベを検討してみてくださいね。