子育てをしている家庭の代表的な悩みの一つに、「日に日にこどものおもちゃが増え、散らかる」があります。種類も豊富でカラフルなものが多いため、インテリアの邪魔になることも……。また、年齢によってはまだ片付けができないケースもあり、おもちゃで散らかった部屋を見慣れてしまった人もいるかもしれません。
今回は、こどもに好きなおもちゃで遊んでもらいながらインテリアも収納も成立させる「おしゃれなおもちゃ収納」の実例をご紹介。おもちゃの収納で悩むことは、もう、なくなるかも……?

HOUSTO 編集部

HOUSTO 編集部

HOUSTO公式アカウントです。当サイト独自の目線で、毎日の暮らしがちょっと豊かになる情報を定期的にお届け中です!

https://www.instagram.com/ouchinoshunou/

HOUSTOの人気著者直伝!すぐに実践できるおしゃれなおもちゃ収納3選

おしゃれなおもちゃ収納のコツ①|天然カラーの収納アイテムを使って、展示するようにおもちゃを設置(nabeさん)

おしゃれな古道具風の棚を使っておもちゃを収納しているnabeさん。カラフルな絵本も、アンティークカラーの棚と合間って色のバラつきが抑えられています。

装丁がかわいい絵本は面で並べてインテリアにするのも、goodアイディア。おもちゃをびっしり詰め込まず、余白をつくり、“ごちゃつき”を解消するテクニックです。

下段の手提げや右側のカゴバッグには「トミカ」などのおもちゃを収納して、「あのおもちゃがなくなった!」というトラブルも防止しているそう。カラフルなおもちゃをしまう収納アイテムも棚と合わせた天然素材カラーに統一することで統一感が持たせているのも、ポイントです。

おしゃれなおもちゃ収納のコツ②|インテリアに合わせておもちゃ箱をDIY!sayo.さん

4人のお子さんのママのsayo.さん。こどもがたくさんいるおウチはさぞかしおもちゃがたくさん?と思いきや、おしゃれなインテリアの素敵な家族空間をつくっています。

小さなお子さんが覗いている箱は、DIYしたおもちゃ箱。リンゴ箱にフタを取り付け、インテリアにフィットしたピスタチオグリーンにお色直し。キャスターをつけたことで、室内の移動も楽ちんだそう。これならおもちゃをポイポイ収納できますね。

おウチ時間が長い今年は、インテリアに馴染むおもちゃ収納をこどもと一緒に手作りしてみるのも良いかもしれません。

おしゃれなおもちゃ収納のコツ③|リビングおもちゃは「一人一箱」に限定 おさよさん

2人のお子さんのママのおさよさん。おもちゃが収納されているこども部屋はあるけれど、「リビングでもおもちゃで遊びたい!」というこどものリクエストに応えて用意したのは、2つの箱でした。

ソファの下に収納できる箱は、「1人1箱」がルール。お絵かき道具やシールなど、2人のお子さんのリビング遊び用おもちゃが収納されています。

遊び終わったら箱に戻し、ソファ下に収納するから見た目もスッキリ!

おしゃれなおもちゃ収納を実現するための3つのコツ

①おもちゃを収納するアイテムのカラーを統一させる
②おもちゃ箱や収納アイテムをこどもと一緒に手作りする
③収納するおもちゃの数にルールを持たせる

この3つの実践が、スッキリでおしゃれなおもちゃ収納が実現するポイントです。一方で視点をこどもに向けると、片付けができる子育てをすることも、スッキリしたお部屋に近づく近道。しつけは一筋縄ではいきませんが、定期的にお片づけのレッスンをしてみるのもよいかもしれません。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。